更年期の肌は敏感!ケア方法も注意が必要

更年期になるとホルモンバランスが崩れるので肌も荒れやすくなってしまいます。

 

今までのケアでは上手くいかないこともあるので、更年期に合わせた正しいケアを行うようにしましょう。

 

更年期にはエストロゲンが減少するため、肌の潤いが減少し乾燥肌になりやすくなります。

 

更年期にはできるだけ潤いを保たせるためにも、こすったり洗いすぎたりして乾燥がひどくなるような行為は控えましょう。

 

また化粧水で顔を叩いたり、強いマッサージも肌に良くない刺激となります。

 

シミやシワができやすい状態なので、優しくたくさんの泡で汚れを落とすようにしましょう。

 

また保湿も重要なポイントとなります。

 

化粧水の後は必ず乳液で蓋をして、水分が蒸発しないようにしましょう。

 

肌の直接的なケアも重要ですが食生活も重要です。

 

油分の取りすぎや取らなさすぎも、肌に大きく影響します。

 

野菜の他にもタンパク質をしっかり摂取し、ほどほどの油分を取り入れバランスの良い食事をしましょう。

 

更年期は大きく肌の状態も変わり、老けたように見られる場合もあります。

 

特に気になる目元のしわについてはこちらをご覧ください→目元のしわの原因と対策

 

肌の年齢も衰えては行きますが、見た目の年齢は変えることができるので潤いを保てるようにし、シミやシワを増やさないよう丁寧なケアを行いましょう。

 

 

更年期の肌が敏感な理由

 

更年期になってなぜか肌が荒れやすくなったと言う方も多いのではないでしょうか。

 

それは更年期に入ってエストロゲンが減少し、ホルモンバランスが崩れているためです。

 

エストロゲンは肌にとっても重要なホルモンで、コラーゲンの生成や肌の水分保持などの役割も担っています。

 

このエストロゲンの減少により肌の潤いが保たれにくくなっているため、肌がガサガサと荒れやすくなってしまうのです。

 

肌の乾燥が進むと吹き出物ができやすくなり、油分バランスも悪くなってくるでしょう。

 

コラーゲンの生成もうまく進まなくなればシワやたるみもできやすくなります。

 

エストロゲンの減少により肌の水分保湿がジュ文にできなくなってしまうことで、肌のバリア機能も衰えることになり、より肌荒れも進むようになってしまいます。

 

このように更年期には主にエストロゲンの減少によって肌荒れしやすい状態となってしまうのです。

 

またこの症状も個人差はありますが、それでも更年期にはお手入れの方法も今までと同じではいけないということになる場合もあります。

 

更年期になって肌の状態が今までとは違うと感じたら、更年期に合わせた肌ケアの方法を取り入れるようにして肌あれの予防を行うようにしていきましょう。

 

 

精神的なストレスも原因に!

 

肌荒れはその時の体調やホルモンバランスなどが影響し起こるものですが、ストレスによっても肌は大きく影響される場合があります。

 

ストレスは体全体に影響を及ぼすものです。

 

ちょっとしたストレスは体にとって良いとは言われていますが、発散できずに溜まっているものや強すぎるストレスは悪影響にしかなりません。

 

ストレスがなぜ肌に影響するのかは、活性酸素に原因があります。

 

ストレスを感じると体内に活性酸素が多く発生し、その活性酸素が細胞を酸化させ炎症を引き起こしたり老化を進めたりします。

 

そのため肌荒れが起きてしまうのです。

 

ストレスには外的要因と内的要因の2種類がありますが、外的要因では紫外線を浴びたりすることでも活性酸素が発生し、内的要因では食生活の乱れや睡眠不足の他に精神的ストレスなどでも活性酸素が発生します。

 

更年期などでも体調不良や睡眠不足が続くとストレスになり、活性酸素が発生し肌荒れが起きやすくなることもあるでしょう。

 

このようにストレスは体全体を含めて肌にも大きく影響するのです。

 

普段の生活でも活性酸素は発生しますし、ストレスも多少は感じていますが、溜め込んだりすることで通常よりも多い活性酸素が発生してしまいます。

 

できるだけストレスは発散させるようにして、抗酸化作用のある食事を行い規則正しい生活を送れるように心がけ、肌荒れを起こさないようにうまくストレスと付き合えるようにしていきましょう。

 

 

 

更年期にはスキンケアを代えるのも必要

 

今までと同じスキンケアを行なっていても、肌荒れがひどくなるばかりで改善されないということもあるでしょう。

 

そんな時は思い切ってスキンケアを変えてみましょう。

 

肌の状態というのは年齢によっても大きく変わります。

 

肌の状態が変われば、スキンケアも同じままではいけません。

 

自分の肌の状態をしっかりと分析してスキンケアも合わせるように、変えていきましょう。

 

今までのスキンケアの中でも気になっていたことなどはなかったでしょうか。

 

しっかりケアをしているのに改善されない部分があれば、そこを基準にして変えていくと肌も落ち着く可能性があります。

 

または自分では全くわからないというのであれば、年齢別の基礎化粧品に変えてみるか、化粧品のカウンターや皮膚科などで肌チェックをしてもらいましょう。

 

細かく分析してもらえれば、どのように対処すれば良いかわかります。

 

化粧品をたくさん使えば肌が良くなるということはないので、むやみに買い込んだりせずに、肌の状態を知ってから適切なケアを始めていきましょう。

 

スキンケアを変えてもすぐには効果が見られない場合もありますが、時間がかかっても自分にあっていれば肌はしっかり改善されていきます。

 

まずはスキンケアを見直して、その時に合ったものを選びましょう。

 

 

 

更年期の肌トラブルを防ぐ

 

化粧をする女性にとって悩ましいのが肌トラブルですね。

 

ですがこの肌トラブル、避けて通れないものと思っている方も多いのではないでしょうか。

 

ですがきちんとケアする方法を知っていれば、肌トラブルだってなくすことができるのです。

 

まずはその方法を知り、実際に実践していきましょう。

 

肌トラブルをなくす方法には、まず乱れた食生活や睡眠不足を改善していきましょう。

 

もしも普段の食生活の栄養バランスが乱れていたり、睡眠不足になっていれば改善する必要があります。

 

栄養の偏りや睡眠不足は肌のバリア機能が低下し、吹き出物などができやすい状態になります。

 

また洗いすぎにも注意です。

 

洗顔やクレンジングを使用する時にこすりすぎたり洗いすぎたりすると必要な皮脂が全部取られてしまいます。

 

そうなると乾燥を防ぐために皮脂が多く分泌され、毛穴詰まりによる吹き出物ができやすくなります。

 

洗顔もたくさんの泡で優しく洗い、クレンジングも肌に優しいタイプを使用しましょう。

 

またストレスも肌トラブルが起きる原因となります。

 

紫外線を浴びすぎたりする外的ストレスには紫外線予防を、精神的ストレスには発散をするようにして溜め込まないようにしましょう。

 

このように肌トラブルをなくす方法はたくさんありますが、全てに対処するのは難しいかもしれません。

 

少しずつでも当てはまるものを改善し、肌トラブルから回避できるようにしましょう。

duoクレンジングバーム最安値!